AGAは自宅で治せる。治療薬フィンペシアは通販から!

\90秒で注文完了/フィンペシアの購入はこちら

AGAに悩む男性AGAという病名を聞いたことはありませんか?

AGAはAndrogenetic Alopeciaの頭文字をとってよばれている病名で、意味は『男性型脱毛症』です。

その名の通り、男性の抜け毛や薄毛などの髪の毛のトラブルの原因といえる病気です。

中にはFAGA(女性男性型脱毛症)の女性も見られ、多くの人を悩ませています。

男性の薄毛の過半数は、AGAが原因で現れている症状だといわれています。

 

男性の頭皮に忍び寄るAGAの影とは

AGAに悩む男性 加齢につれて一気に抜け毛が増えてくる人から、若いのにすでに薄毛で悩んでいる人など、髪の毛のトラブルは年齢に関係なく現れます。

それは、薄毛や抜け毛の原因に違いがあるからだと思われます。

喫煙や飲酒、加齢につれて頭皮が固くなったために髪の毛が増えにくくなった場合もあれば、遺伝子やホルモンの影響で髪の毛に影響が現れやすい体質という場合も見られます。

そしてAGAの被害は、男性ホルモンによる影響が大きいものです。

AGAの発症は幅広く、放置すると進行が止まりません。

さらに症状が進行しきってしまうと、AGA治療法を使ったとしても改善が難しくなるので、頭皮の状態がひどくなる前に治療を始めることが推奨されます。

 

髪の毛の成長システムを壊してしまうAGA

AGAに悩む男性男女の体内にはテストステロンという男性ホルモンが分泌されており、主に男性の体内に多くあります。

テストステロンは90%以上が睾丸で作られ、体中をめぐるようになります。

体内をめぐる途中、5αリダクターゼという酵素と出会って結びつくことがあります。

これがAGAの始まりといえるかもしれません。

5αリダクターゼと結びついたテストステロンはDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換され、活動を始めるようになります。

DHTの持つ作用は、頭皮周りにある髪の毛を作るための細胞『毛母細胞』の活動を邪魔するというものです。

毛母細胞は、髪の毛を成長させるためのシステム『ヘアサイクル』を司る重要な細胞です。

また、頭皮周りの血管から栄養を吸収して、新しい髪の毛の材料にするという役割も持っています。

毛母細胞の動きが邪魔されてヘアサイクルが機能しなくなると、当然新しい髪の毛が作られなくなり、抜け毛ばかりが増え始めます。

こうして、薄毛や抜け毛の問題につながるのです。

 

AGAの進行を止めるためにできること

薬のイメージAGAの引き起こす主な症状は、ヘアサイクルを司る細胞の活動を阻害して、新しい髪の毛が成長しない頭皮を作るというものです。

この病気の進行を止めるためには、原因になっている5αリダクターゼがテストステロンと結びつこうとするのを食い止める必要があります。

しかし、テストステロンも5αリダクターゼももともと体内に存在している物質なので、止めるのは簡単なことではありません。

そんな時に、AGA治療のための育毛剤が作られています。

今回は、AGA治療薬の1つ『フィンペシア』に注目していきましょう。

 

フィンペシアでAGAを治す!AGA治療薬を通販で

薬を飲む様子フィンペシアはただの育毛剤ではなく、AGA治療に狙いを定めた効能を持っている薬です。

従来でよく見かける育毛剤といえば、頭皮に塗り込むタイプが一般的だと思いますが、フィンペシアは錠剤を飲んで使用する飲み薬です。

フィンペシアという名前の育毛剤は日本の病院では見かけられませんが、プロペシアという名前の飲む育毛剤なら自由診療で取り扱われています。

フィンペシアは、新薬プロペシアのジェネリック医薬品として作られた薬なのです。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、特許期間の切れた新薬と同じ成分・同じ効果を持っていることが認められた薬のことです。

このため、同じ成分で作られた新薬とジェネリック医薬品は、同じ薬として扱われます。

2つの大きな違いといえば、販売価格です。

新薬は0から時間と費用をかけて作られたものなので、販売するときも価値相応の価格になりますが、ジェネリック医薬品は新薬を基に作られているため、新薬より安く販売されます。

新薬は製薬会社が薬品開発をするための費用のため、ジェネリック医薬品は主に医療費の削減のために役立てられています。

フィンペシアと他の育毛剤、飲む薬と塗り薬の違い

フィンペシアと一般的な塗り薬の育毛剤、果たしてどのような違いがあるのでしょうか?

2つを比較してみましょう。

効果の広がり方

フィンペシアは、一度飲めば体内に浸透して、頭皮全体に平等に行き渡ります。

一方、塗り薬は塗る時に偏りがないよう注意して塗らなければ、効果にも偏りが出てしまうことがあります。

頭皮全体に効果を行き渡らせたいときは、フィンペシアを使うと便利ではないでしょうか。

薬を使った後の状態

塗り薬は主に頭皮に塗り込んで使うものなので、薬剤が渇ききるまで頭皮にはできるだけ触れないようにしなければいけません。

さらに、塗った後にシャワーを浴びたりすると薬が流れ落ちるので、シャワーを浴びた後に塗るように注意します。

フィンペシアなら、どのタイミングで飲んでも薬が流される心配はありません。

効果の強さ

塗り薬は、外部から塗って成分を頭皮に浸透させる方法なので、成分が頭皮に作用するまでにかなり時間がかかります。

フィンペシアは直接体内に取り込まれ、体内の酵素に直接作用を起こすので、塗り薬より強い効果に期待できます。

副作用のリスク

フィンペシアは強い効果を持ちますが、体内に直接作用することはそれだけ体に負担をかけやすいということになります。

フィンペシアによる副作用のリスクはいくつか見られ、生活に影響を及ぼすときもあります。

塗り薬は副作用が現れにくく、効能もゆっくり広がっていくので、体への負担を最小限に抑えられます。

副作用に不安がある人は、塗り薬のほうが適切かもしれません。

フィンペシアの持つ効果

通販を利用する様子フィンペシアには、有効成分としてフィナステリドが配合されています。

この成分は5α-還元酵素Ⅱ型阻害剤といわれており、AGAの原因を根本から解決する効果を持っています。

成分の作用は、5αリダクターゼⅡ型の活動を邪魔するというものです。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2つがあり、Ⅰ型はあちこちの皮脂腺に、Ⅱ型は頭頂部や前頭部に多く存在するという違いがあります。

薄毛や抜け毛は頭頂部、前頭部から目立ち始めるのが多いことから、AGAの多くの症状は5αリダクターゼⅡ型によるものだと考えられています。

フィンペシアは、5αリダクターゼⅡ型への作用がメインです。

5αリダクターゼⅡ型の活動を邪魔することでDHTの数が増やされなくなり、AGAの進行が止められます。

これにより毛母細胞が活動を再開し、ヘアサイクルが再び機能するようになります。

こうして、徐々に新しい髪の毛が増やされ始めるのです。

ヘアサイクルが完全に復活するまでには時間がかかりますが、続けて飲むことで確かな変化が訪れるでしょう。

 

フィンペシア治療は通販で始められるAGA改善方法

フィンペシアは、新薬のプロペシアと違って日本の病院では見かけられません。

日本では未承認のままの薬だからです。

そのため日本国内でフィンペシアを販売するお店があれば、転売などの違法行為としてみなされるでしょう。

では、日本にいる限りフィンペシアを使えないのかというとそんなことはないのです。

フィンペシアは、通販を使って海外から取り寄せることができます。

フィンペシアを取り寄せるなら海外から

フィンペシアを海外から取り寄せる通販は、正しくは『個人輸入』といわれる方法です。

個人輸入は、海外でしか生産されていないものを日本にいながら購入したい時に利用されます。

海外からフィンペシアのような薬を輸入するのは法律的に危険では、という点が気になる人もいるかもしれません。

しかし、個人輸入の利用は日本国内で認められています。

そのため、個人輸入でフィンペシアを取り寄せても違法行為にはなりません。

日本にいても買い物の選択肢をグローバルに広げられる方法として、いろんな場面で活用されています。

フィンペシア通販は難しい…?もっと簡単に使いこなすには

フィンペシアを個人輸入で購入しようと思ったら、海外のサイトを使って購入手続きすることになります。

その際、どうしても外国語を使わなければならない場面が出てきてもおかしくありません。

外国語に慣れている人ならともかく、不慣れな人にとっては難易度の高い手続きになります。

また、利用のための規約も外国語で表記されている場合、内容が理解できないまま手続きを進めるのは不安があります。

こんな問題を解決してくれるのが、個人輸入代行サイトです。

フィンペシア通販=個人輸入代行で解決

フィンペシアの画像個人輸入代行サイトとは、個人輸入を利用する際に避けられない難しい手続きを代行してくれるサイトです。

まず、サイト全体が日本語で作られています。

後から日本語訳されたサイトではなく、最初から日本語で構成された日本のサイトです。

欲しい商品を見つけたら、日本語のまま購入手続きを進めることができます。

そして、使い方は日本の他の通販サイトとあまり変わりません。

通販を使った経験がある人なら、すぐにでも問題なく利用できるでしょう。

通販の手続きがわからない場合、代行通販サイトを運営する会社の電話番号が記載されていれば、電話で直接注文するという選択肢もあります。

個人輸入の利用に自信がない、またこれまで個人輸入を使ったことが一切ない場合でも、問題ありません。

頭皮の健康を守るためにも、個人輸入代行サイトを使ってフィンペシア治療のスタートを急ぎましょう。

フィンペシアの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました